【ラグジュアリー歌謡Weblog】~沙耶香のCD棚~

カテゴリ:80年代アイドル( 143 )


◆ 内海和子 / LUNCH TIME

Kazuko Utsumi / LUNCH TIME

e0309799_21104123.jpg



















1. 手のひらの翼
2. サヨナラは冷たく
3. とっておきのビーフシチュー
4. ひとり歩きの午後
5. 蒼いメモリーズ
6. 思い出美人
7. 素顔のままで
8. プリントの夏
9. 好きかと言われて
10. 20歳
11. 回顧録
12. 桜が手を振る前に


内海和子 (vo)
with おニャン子クラブ (on M-6, 12)


発売: 1987年3月21日 (ポニーキャニオン)


※ 持ってるおニャン子関連作は全部紹介したつもりだったのですが、パラパラと紹介し残していたものもありました。
・・・整理整頓がへたくそな証ですね(笑)
そんな今夜は会員番号13番 内海和子さんの唯一のソロアルバムからご紹介します。
おニャン子の「存在」としての顔が新田恵利さんだとしたら、「ボーカル」の顔は彼女だったと言われるほど歌えないアイドル集団であったおニャン子にあって、歌えるアイドルとして、城之内早苗さんや河合その子さんらとともに歌の屋台骨を支えてらしたそうです。
卒業されてからは、カーレーサー(!?)になったりヘアヌード写真集なんかもだされた様ですね。


e0309799_21111774.jpg























e0309799_21110017.jpg
























e0309799_21113130.jpg
























にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村



[PR]

by sayaka_aizawa | 2017-06-23 00:00 | 80年代アイドル | Comments(0)

◆ 宝生桜子 / 風のテレフォン・コール

Sakurako Housyou / Kaze no Telephone call

e0309799_20435434.png



















1. 風のテレフォン・コール ~今、恋しかできない~
2. 夏休み最後の日


宝生桜子 (vo)


発売;1986年8月25日 (ポリドール)


※ お店で見つけた時、何故このEPが2,000円近い値段がついているのか? 全く解りませんでした ...... 家で調べなおして慌てて翌日購入しにいった次第(笑)
1984年デビュー。当時の芸名は桜子。その後、宝生 桜子(ほうしょう さくらこ)に改名した後、秋乃 桜子に再び改名。
デビューしてまもなく、ヌード写真集やヌードビデオを発売して、その後のヌードル(脱ぐアイドル)の先駆け的存在となった人とのこと。
このEPジャケット裏面のピンナップもなかなかセクシーでしたよぉ(下の画像とは別物です、、、念のためw)


e0309799_20441081.jpg

























e0309799_20442257.jpg

























e0309799_20443822.jpg



[PR]

by sayaka_aizawa | 2017-06-20 00:00 | 80年代アイドル

◆ 堀江しのぶ / これで少女に Good bye !

Shinobu Horie / I'm not a Virgin

e0309799_00370298.jpg



















1. 地下鉄マドンナ
2. おとといおいでよ
3. 四角い太陽
4. ヴァージンじゃない
5. 爪を噛むほど泣いた
6. ヴィヴァルディを聞きながら
7. マニキュアを選んで
8. ニール サイモンに憧れて
9. ずるいわ TELEPHONE
10. 唇に涙


堀江しのぶ (vo)


発売: 1985年6月21日 (日本コロムビア)


※ 先回は広田玲央名さんのレア盤をご紹介したので、今夜はようやく手に入れた(笑)このアルバムをご紹介しましょう・・・・堀江しのぶさん唯一のアルバムです。
なかなか出逢えなかったんですけど、待てば海路のなんとかって感じですね。80年代のラグジュアリー歌謡というのがしっくりくる出来栄えです☆


e0309799_00371914.jpg























e0309799_00374999.jpg























e0309799_00373316.jpg
























にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村



[PR]

by sayaka_aizawa | 2017-06-11 00:00 | 80年代アイドル | Comments(0)

◇ 加藤香子 / 偽名

Kyoko Katoh / Gimei

e0309799_23123300.jpg
















1. 偽名
2. ジョークでいいじゃん


加藤香子 (vo)


発売: 1984年6月20日 (REPRISE)


※ 1983年、高校卒業と同時にミスマガジンに応募して、4,350名の中から見事優勝。DELUXEマガジンの表紙グラビアにビキニ姿で初登場し、その巨乳とうらはらな童顔で話題を集めたとのことです。後に、野村誠一氏撮影の写真集 「あれから」 でヌードも披露された様ですよ。



e0309799_23124880.jpg



























e0309799_23132410.jpg


























e0309799_23130274.jpg























e0309799_23131316.jpg




















e0309799_23133775.jpg





















にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村



[PR]

by sayaka_aizawa | 2016-11-20 00:00 | 80年代アイドル | Comments(0)

◇ 田中律子 / FRIENDSHIP

Ritsuko Tanaka / Friendship

e0309799_20195332.png
















1. ERIENDSHIP
2. ネ!


田中律子 (vo)


発売: 1988年5月21日 (フォーライフレコード)


※ 明朗快活という言葉がピッタリな田中律子さん。今はダイビングや、ヨガのインストラクターとして活躍されてますね。また、沖縄でサンゴ再生プロジェクトにも励んでらっしゃる様子です。う~ん、海が似合う(笑)


e0309799_20203580.jpg




















e0309799_20204714.jpg




















e0309799_20201291.jpg



















e0309799_20202425.jpg





















e0309799_20210153.jpg

















e0309799_20211397.jpg

















にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村



[PR]

by sayaka_aizawa | 2016-11-19 00:00 | 80年代アイドル | Comments(0)

◇ 堀江しのぶ / 地下鉄マドンナ

Shinobu Horie / Chikatetsu Madonna

e0309799_19190977.png
















1.地下鉄マドンナ
2.唇に涙


堀江しのぶ (vo)


発売: 1985年4月21日 (日本コロムビア)


※ 幼い頃から麻丘めぐみさんの大ファンで、麻丘さんに憧れて芸能界入りしたという堀江しのぶさん、明るいキャラクターと健康的なプロポーションでご自身も人気アイドルとなり、ドラマやバラエティで活躍されていました。
ところが病魔に蝕まれ、わずか23歳という若さで他界されてしまったそうです。ご本人の無念さを考えると、居た堪れない気持になってしまいますね・・・。
唯一のアルバムとなる 『これで少女にGOOD BYE』 は、現在の私のウォントリストの最上位になってます。


e0309799_21360406.jpg






















e0309799_21361510.jpg




















e0309799_21362706.jpg
















e0309799_21363917.jpg














にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

[PR]

by sayaka_aizawa | 2016-11-18 00:00 | 80年代アイドル | Comments(0)

◇ 中原香織 / 銀河鉄道の夜

Kaori Nakahara / Ginga-tetsudou no Yoru

e0309799_22530209.png

















1. 銀河鉄道の夜
2. 別離 (わかれ) のテーマ


中原香織 (vo)


発売: 1985年6月21日 (Non STANDARD / テイチク)


※ 今夜はとてもマイナーなアイドル (?) をご紹介しましょう。詳細な芸歴は調べきれませんでした (ごめんなさい)が、リリースされたレコードもこれ1枚っきりだと思います。
安田成美さんの 『風の谷のナウシカ』 と同じ様な作品で、映画の劇中には使用されないものの、その世界観をテーマにしたイメージソング。B面にあたる M-2 は、細野晴臣さん作曲、演奏のインストゥルメンタル (こちらは、ジョバンニとカムパネルラとの別れのシーンで使われた様です)。
中原香織さん自身、『かおる子』 という女の子役の声優として出演されていた様です。 映画を観ていないので判りませんが、原作では 「やけて死んださそりの火」 というエピソードをジョバンニたちに語り、「たった一人の本当の神様について」 の宗教的な議論に発展する契機となるという重要な役まわりです。
「Non STANDARD」 という YMO 解散後に細野さんが主宰したレーベルからのリリースということも手伝って、中古市場では人気の1枚です。



e0309799_22532536.png





















にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

[PR]

by sayaka_aizawa | 2016-11-17 00:00 | 80年代アイドル | Comments(0)

◇ 浜田朱里 / 青い花火

Jyuri Hamada / Aoi Hanabi

e0309799_21335486.jpg
















1. 青い花火
2. 失われた季節


浜田朱里 (vo)


発売: 1981年1月21日 (CBS / Sony)


※ 昨夜、浜田朱里さんをご紹介したら、今日偶々浜田朱里さんの 3rd シングルを108円で見つけました (笑)
これも他生の縁と思って、早速ご紹介しておきますw


e0309799_21341340.jpg
























e0309799_21342749.jpg

























e0309799_21344149.jpg






















e0309799_21345728.jpg






















にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

[PR]

by sayaka_aizawa | 2016-11-16 00:00 | 80年代アイドル | Comments(0)

◇ 浜田朱里 / よろしく、朱里。

Jyuri Hamada / Yoroshiku Jyuri

e0309799_21303783.jpg
















1. INTRODUCTION -YOROSHIKU-
2. あなたに熱中
3. わたしだけのコイビト
4. ほほえみ乾杯
5. 恋のレッスン 2
6. さよならしたくない
7. さよなら好き
8. 処女航海
9. 冬色のガラス
10. 秋のシルエット
11. よろしく


浜田朱里 (vo)


発売: 1980年11月21日 (CBS / Sony)


※ 今にして思えば 「ポスト百恵」 と称された多くのアイドルのなかでは、最も有力な一人だったかもしれません。
同期に松田聖子さんや河合奈保子さん、柏原芳恵さん等華やかな顔ぶれがならぶなか、ハスキーで独特な雰囲気の歌声と整ったルックスのアンマッチさで根強いファンを獲得されていた様です。もっとも本人はあまり歌うことが好きではなかったらしく、「自分は歌が下手なので、将来は女優で勝負したい」 と女優業に転進されました。


e0309799_21304817.jpg


























e0309799_21305701.jpg

















e0309799_21310781.jpg























にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村



[PR]

by sayaka_aizawa | 2016-11-15 00:00 | 80年代アイドル | Comments(0)

◇ 小林千絵 / 涙☆GIRL

Chie Kobayashi / Namida Girl

e0309799_18205107.png
















1. コンピューター・ジェラシー
2. いつも片想い
3. たそがれ街角 Fall in Love
4. ガラスの神話
5. 涙☆GIRL
6. 水色のカチューシャ
7. あなたはエンジェル
8. 潮騒
9. ずっとラプソディ
10. 哀愁のページ
bonus tracks
11. FROM TIME IMMEMORIAL
12. 渚センチメンタル ステップ
13. Love with You ~愛のプレゼント~
14. ちぐはぐキッス
15. シューティング スター
16. ホテルOSAKA
17. 気まぐれマイ・ラブ
18. つよがり


小林千絵 (vo)


発売: 1983年10月21日 (ポニーキャニオン)


※ 小林千絵さんは 「ヒデキ(西城秀樹)の弟・妹募集オーディション」 で準優勝(ちなみに優勝は河合奈保子さん)を獲得。また、第1回ヤマハボーカルオーディション 「ザ・デビュー」 でも1万人の中から優勝した実力派。
残念ながら歌手活動ではうまくその実力が開花できなかった様ですが、MBSラジオMBSヤングタウンで、漫才師の西川のりおさんとのボケとつっこみで人気が上昇し 『おじさんの気持も知らないで』 (残念ながら未入手です) というシングルでデュエットを披露したりと、バラドルとして人気を博した様です。そういった経歴のせいか、いいグラビア画像を見つけることができませんでした、ごめんなさい。



e0309799_18210825.png























にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

[PR]

by sayaka_aizawa | 2016-11-14 00:00 | 80年代アイドル | Comments(0)